FC2ブログ

産業ロック万歳ブログ

基本洋楽と個人的な趣味と日記を綴るブログ

改めてLou Grammを取り込んで聞いてみた

Lou Gramm3
今も継続中なウォークマンへの転送ですが今回は元ForeignerのLou Grammが出した3枚のソロアルバムについてです。
アルバムとしては3枚。1st"Ready or Not"はForeigner在籍中の1987年に出していてこのアルバムがソロとしては
シングル、アルバム共にソロしては一番のヒット作になります。

2nd"Long Hard Look"は1989年のリリースで1stアルバムほどのセールスとはならなかったものの充分成功と言える
事で自身を付け当時不仲説があったMick Jonesとの関係もありソロツアーの為Foreignerを脱退してしまいます。
Foreignerは新たなヴォーカルを迎えてアルバムを出しましたがこれまでのような成功を収められませんでした。

その後1992年にForeignerへ復帰しアルバムを出しますが失敗作と言われた前作よりセールスが落ちてしまい長く
アルバムが作られることがなくなってしまいます。Foreignerは継続されていたもののLou Grammが脳腫瘍を患い
バンドは活動が停止してしまいます。その後病気から復帰はしましたが後遺症や薬の影響から体型の変化に歌声
への影響が顕著化してしまいます。

2003年にLou GrammはForeignerを脱退しソロとして活動をしていくことになります。この時期のLou Grammの行動
を自分は全くしらず、病気になったり容姿の変化や声が出ない等の事実はかなり年月が経ってから知るのでした。
これまで書いて来た音源収集をしていてForeignerもアルバムを買い直したりして、この時Lou Grammのことを
調べたりして知ったのでした。

ソロ3rd"Lou Gramm Band"はそんな時期にリリースされると知って期待して購入したアルバムでした。がしかし
これはダメでしたね。1992年にForeigner復帰直前に新生キリスト教徒となってクリスチャン・ロックとして活動
し始めた頃です。そしてこの3rdアルバムはクリスチャン・ロックとしたアルバムだったのです。こっちの期待
とは違ったのもありますが、まだ声が元に戻っておらず知らずに聞いたらLou Grammとは思えないアルバムでした。

今回再度取り込んだのは1stと2ndアルバムだけにしました。長く聞いていなかった3rdもざっとではありますが
聞き直してみたんですけど、1stと2ndに比べ3rdアルバムは自分が思うLou Gramm音楽じゃないんですよね~
声の影響も勿論ありましたがやっぱり楽曲その物に惹きつけられる要素が感じられず当時思った事を聞き直した
今でも何度でも聞きたいとは思えなかったのでした。

そう言う考えからウォークマンへの取り込みは1stと2ndアルバムだけとして。3rdアルバムの取り込み、転送は
見送ってしまいました。ウォークマンの容量には空きがまだまだありますけど無理に聞かないアルバムを入れ
無くても良いかと言う結論へ。とか言いつつそんなリピートしない物だって転送したのは結構あるのにね・・・

今回3枚のアルバムを聞き直した切っ掛けでやっぱり1st"Ready or Not"と2nd"Long Hard Look"は良いですね~
何より曲が良い、Lou Grammのヴォーカルも素晴らしい。確かにハードめなロックではあるがForeignerとして
当時リリースされても何の違和感も感じなったことでしょう。

ただこの頃のForeignerはバラードバンド的なレッテルを貼られていてかなりLou Grammが不満に思っていた
らしいです。その点1stと2ndソロは確かにギターを前面に出したロック調の曲が多いのも確かですね。それに
かなりキャッチーなメロディーだったしForeignerのヴォーカルが出すソロとしてはファンの自分は飛びついて
聞いた事も今になると納得って思います。

やっぱりこの時期のLou Grammが一番ですね~背は小っちゃいけどちょっとハスキーな声でロックを歌う姿を
今見ても格好いいな~と思います。あとこの時期の「目」ですね。"Long Hard Look"ジャケット画で見られる
この写真が凄く好きですね。

2018年にForeignerのライブツアーに一部参加していた時の動画を見ました。体型は余り変化が見えませんが
歌声はかなり戻って来ているなと思いました。全盛期と比べちゃったら落ちますがLou Grammもう70歳ですから。
Lou Grammが参加した40週年のライブ盤見てみたい気もするが購入までは踏ん切れそうにないな。動画サイトで
見るだけにしてソロアルバムを聞くことにしときます。
スポンサーサイト



Bruce Springsteen E Street Band とのニューアルバム

Bruce springsteen2020
驚きました。いつもチェックしてる情報サイトにBruce Springsteenが10月23日にニューアルバムをリリース
との記事を見つけたのです。昨年"Western Stars"を出し、その後このアルバムの全曲ライブのCDも出したり
この模様を映像版として同名映画としても公開されていました。

この"Western Stars"に関してはライブツアーは行わなかったものの先記したように違った形の活動を活発に
していた事が意外にも思っていました。コロナ渦に寄る世界的混乱になる以前はBruceにとって今年は大きな
動きはしないんじゃないかと思っていたのです

自分はアルバムをCDのみ購入でライブ盤や映像版も購入はしていません。リリース情報は早い内に得ていま
したがこれらの活動に特に興味を持つ事はなかったんです。とか言いつつ"Western Stars"を購入後店頭にて
全曲ライブCDと通常盤CDを2枚組として売っているのを見た時購入へ心がぐらつきましたがこらえました。

今回リリースされるアルバムは"Letter To You"とのタイトル。2012年の"Wrecking Ball"以来E Street Band
と組んだアルバムになるとの事です。今回Bruce SpringsteenとE Street Bandは全ての曲をスタジオでの
一発録音のみで完成させたアルバムとの事です。

Bruce本人の自宅スタジオにE Street Band面々が集結し書きお下ろし新曲9曲に、これまで未発表だった3曲を
全く新たな解釈でレコーディングした3曲、全12曲収録のニューアルバム"Letter To You"としてリリースする
と発表されています。自分は既に予約しちゃいました。

E Street Bandとの前作"Wrecking Ball"と記事は書いてありましたがこのアルバムの純粋なアルバムとは言い
難く過去にレコーディングしていた曲も追加されていたりして2012年当時全てのレコーディングを行った訳で
はなくて編集アルバム的な意味合いが強かったです。

リリース当時既に盟友Clarence Clemonsは2009年に亡くなっていて生前残した音源を使っていたりしました。
自分的にはClarence Clemonsのサックスで収録された"Land of Hope and Dreams"が聞けただけでも嬉しくて
ブックレットにBruceの追悼文と2人の後ろ姿の写真にうるうるしたもんです。

Clarence亡き後その任を受け継いだのが甥っ子のJake Clemons。"Wrecking Ball"ライブツアーから参加して
いたので既に8年もBruceと共にしているのでファンとしては目新しさはないですがE Street Bandのメンバー
としてBruceの新作アルバムに参加となると初めてになるのだと思いますから注目しています。

しかし何故一発録りとなったのとか理由は分かりませんし、事前に何の情報も無くていきなり1ヶ月弱前に
リリース情報だけで出て来ただけでも驚きです。先ほど書いたように自分は今年2020年大きな活動はしない
んじゃないかと油断していましたのでちょっと焦りも感じたほどです。

アルバムタイトルにもなった新曲"Letter To You"の動画が情報と共に公開されています。当然見たんですが
さすがにBruceも年となったと感じますね。前作"Western Stars"での写真にMVを見た時も感じましたが何より
思ったのがBruceの声なんです。前作では声を張り上げる歌唱がなかったのですが衰えたかなと思ったり。

"Letter To You"のMVを鑑賞してやっぱり同じように感じるんですよね・・・まぁBruceも御年71歳にもなった
訳で年を考えれば当たり前ちゃー当然なんですよね。でもですね自分なんかは昔から見て聞いてきた者と
してはBruceはいつまでもとんでもなくパワフルな人でいるんじゃないか?と思っていたので少しショックを
受けちゃったりしております。

E Street Bandとのニューアルバムは楽しみだし期待して待ちたいと思いますがこのご時世ライブは厳しく
もしも開催出来ても米本国、もとい地元ニュージャージーとかなら単発ライブとかあり得そうだけど、来日
公演なんて夢のまた夢でしょうね・・・今度は遅延せずにCDが届くと良いな~

Paul McCartney Archive Collection "Flaming Pie"

Paul McCa-Flaming Pie4
遅いですよね~「今更?」と言われそうですが、自分自身が一番思ってます。数日前やっとCDを手に出来ました。
全世界共通で7月31日がリリース日であったはずなのに自分には1ヶ月以上経過してからやっと聞く事ができ
ました。遅延やらトラブルで遅れた話はコロナ渦のご時世では普通になっていると思われますが自分のブログ
なので愚痴ですが書いちゃいます。

リリース日から1ヶ月ほど前に情報を知り海外発送にてCD2枚組を予約したのが始まりでした。今年はコロナ渦
のせいで海外からの輸入盤はどれも遅延が発生していて国内盤の購入時でさえも遅れることがある事態になって
いました。それでも遅れはしても品物はきちんと届いていたんです。

それが今回は予約から2ヶ月、受注業者の発送済みメールから1ヶ月以上経過、到着予定日からでも2週間以上
経った今もCDは届かず終いなんです。業者さんに連絡を入れて結局CDは紛失扱いとなり代金は返却となって
しまったのです。それでも遅れてCDが届く可能性も否定出来ないので新たに購入する事を今まで躊躇して
いました。

再購入を迷い続けていたのですがSMOさんブログや他の方のSNSなどを見て読んじゃうと聞きたい欲求が強まる
ばかりで、ついに先週末に再購入をしてしまいました。今度はアマゾン本体からでしたので遅延する事はなく
予定どおりに我が手にCDが届きやっと聞く事ができました。それでも海外発送分が届いたらどうしようと今も
ビクビクしてますけどね。

さて届いたArchive Collection第13弾のCD2枚組ですが早速聞いています。リリース前にYoutube等で音源は
幾つか試聴していて何となく分かってはいましたが、手持ちの従来盤CDと比較しても私の耳ではほぼ違いは
感じませんでした。音圧的にはArchive Collectionシリーズにしては低めかなという印象です。

もう23年も前のCDですが変化や違和感は感じていません。古いCDでも当時既にCD技術としては完成域に
達していて現在のCDと比べても大きな変更点もありませんしね。日本国内盤だとSHM-CD仕様ですから変化
が分かりやすいのかも知れません。しかし自分が購入したのは輸入盤でMade In Germanyの欧州仕様なので
普通のCDでした。

ボーナスディスクには1997年当時の解説に触れられていたデモ音源等がここで初めて聞けました。まさに
ホームデモで家で宅録した音源らしく録音中にLindaとの会話があったり演奏中に電話の呼び鈴がなったり
しまいには飛行機らしき爆音まで聞こえて来ます。まさにプライベートな空間での録音。ここだけ聞いている
と1stソロの"McCartney"のような雰囲気を感じました。

デモ音源の他に当時のシングルカップリング曲や未発表曲の全21曲でした。ここ最近のボーナストラックに
比べたら個人的に納得出来る内容で満足しております。自分が購入したCD2枚組以外に5CD+2DVDの
デラックスエディション、これ以上の物もあって5CD+2DVD+4LPのコレクターズエディションもあります。

デラックスでさえ4万円もするのにコレクターズに至っては14万円もします。とてもじゃないがどちらの
仕様も手を出すことが出来ません。ここ数作Archive Collectionは価格が異常につり上がって自分はとても
買える金額ではありません。キャピタルレコードへの移籍あたりからとにかく価格が高くなり過ぎていて
何とかして欲しいと毎度思うぐらいです。

今回のArchive Collectionには元々過度な期待無かったので聞いて見るとリマスターうんぬんよりアルバム
自体を良いなと改めて感じる購入となりました。このシリーズは続くと思われますが次回のリリースが何に
なるのかは現時点では不明ではありますが希望としては年代順に進めて欲しいと思います。

是非次は"London Town"と"Back To The Egg"の2枚をお願いしたいと思います。2000年代以降のアルバムは
やらなくて良いと思うし残っている1980年代の2枚もあとで良いと思うので1970年最後の2枚を先に出来れば
価格も低めでお願いしたい所であります。

生誕80周年、没後40年 John Lennon 新しいベスト盤リリース

John Lennon-Gimme Some Truth
10月9日に生誕80周年を迎えるJohn Lennon、今年12月には没後40年もなるんですが。そのJohnの誕生日の
10月9日に"Gimme Some Truth"と言うタイトルで新しいベスト盤を出します。最近の流行で多数の仕様で
リリース、CD1枚、CD2枚組、CD2枚+Blu-rayの3種類だそうです。他にアナログレコード盤も出るようで
LP2枚組、LP4枚組と各種出すそうです。

同年10月9日にはイメージ映像集『Imagine』が映画館で全国劇場順次公開されるそうです。1988年公開の
同名映画「Imagine」とは全く別内容の映画です。アルバム収録曲それぞれに映像制作した映像集を初の
ビデオ・アルバム2018年に英米で劇場公開された作品です。日本公開されるのはクリーニングされた映像
に高音質を体験出来る作品に仕上げたそうです。

映画は見に行く気は無いしきっとソフト化されても買わないだろうな・・・『Imagine』ならDVD持ってるし。
CDの方がまだ興味を持てますが一体何枚目のベスト盤だろう。John没後初めて出たベスト盤は1982年の
"The John Lennon Collection"当時レーベル越えのベスト盤として大々的にリリースされ、亡くなった
当日に撮影されたJohnがカメラを真っ正面から見つめるジャケット画が採用され強く印象に残ってます。

個人的にこのベスト盤が強烈な印象を植え付けられて今もこのベスト盤をJohnの命日には必ずと言って良い
ぐらい聞くベスト盤になっています。遺影じゃないけれどこのアナログレコードを持っているので命日当日
にはラックから取り出し目に付く場所へ置いて聞いているのが毎年の習慣になっていました。

その後も数年おきにJohn Lennonのベスト盤は収録曲を変えながら出し続けられています。リマスターされ
たり、ミックス等も変更して出し続けられていました。ボックス仕様"John Lennon Anthology"は未発表曲や
デモ音源にテイク違いを収録した物でもベスト盤的な"Wonsaponatime"をリリースしています。

2010年にはソロ全オリジナルアルバムのリマスターに伴って"Power to the People The Hits"とタイトル
したベスト盤も出しています。自分はこの時のベスト盤は未購入でした。これら以外にもタイトルを変え
ながらJohn Lennonのベスト盤は多数リリースされ続けてきました。

今回の目玉はオリジナルのマルチ・トラックから新たなミックス処理、ミキシングとエンジニアリングは
ポール・ヒックスが担当。オノ・ヨーコのエクゼクティヴ・プロデューサーは珍しくはありませんが
プロデューサーに息子のショーン・レノンの名が、父John Lennonの作品に関わるのは珍しい事で今後は
母に変わってこれからはショーンが引き受けるのかなと思ったりも。

ソロデビュー作から没後リリースされた"Milk and Honey"までのオリジナルアルバムから選曲されたCD2枚
では36曲収録されるそうです。CD2枚+Blu-ray仕様のBlu-rayは映像ディスクでは無く5.1サラウンド、
ドルビー・アトモスを試聴出来るブルーレイ・オーディオだそうです。

自分は購入どうすっかな~先行で公開された新ミックスされた"Instant Karma"を聞きましたけど驚くよう
な変化は感じませんでした。ただですね自分John Lennonの最近のベスト盤やリマスター物を購入して
いないんです。リマスター物のオリジナルアルバムボックスを今更買う気にもなれないし生誕80周年記念
とか言われたりリミックスって言葉にも弱いんです・・・

CD1枚だと当然出費が抑えられるけど物足り無くなるのは目に見えてるし、かといってCD2枚+BDは買えない
なと思うのできっとCD2枚盤を買っちゃう気がするな~購入した直後は聞きまくるんでしょうがCDを取り込み
ウォークマンへ転送が終わればCDラック収まり動かなくなることは分かっております。

と言うか自分John Lennonのオリジナルアルバム揃えてないんです。いずれいずれと思いながら買わない
ままで来て○○週年記念盤や未発表曲とかに釣られて編集されたBOXだったら二つも持ってるんですけどね・・・
結局今回のベスト盤を買っても全部は揃わない訳で何枚も所持しているJohn Lennonのベスト盤の一枚に
なるだけなんですよね・・・

分かっちゃいるけど毎度々レコード会社に釣られるんだな自分は。特にThe Beatles関連物には弱い~
ソロであっても情報が得たらレコード会社の思惑にまんまと乗っちゃうんです。そしてまた「買ったの!」
って言われて「これは今までのとは違って・・・」説明しても冷たい視線に耐えられず黙るオイラという
構図を今回もきっと繰り返すのでしょう><

TOTO "Old Is New" 単品リリース

TOTO-Old Is New
2018年にデビュー40週年にベスト盤をリリースし、その後"All In"というアナログレコード17枚+CD13枚+Blu-ray
と言うとんでもないボックスがリリースされました。後にCD13枚組ボックスの"All In"もリリースされました。前出
のボックスは公式サイトのみの販売でしたがCD13枚組ボックスは一般販売もしていて今も購入出来ますね。

CD13枚組ボックスは購入を検討したのですがTOTOのオリジナルアルバムは全てCDとして揃っていたし当時最新作で
あった"TOTO XIV"はレーベル違いの理由と思われますが未収録、それに一部アルバムでは従来の収録曲が削られて
いたりしたのを知って購入を見送って来ました。

しかしこのボックスだけでしか聞けない新曲、未発表曲を収録した"Old Is New"があったり、他にも初来日公演の
ライブ盤もあったり。このライブ盤はリリース直前まで進んだものの直前でお蔵入りしたいわく付きなライブ盤で
当時NHKラジオで放送されたりしています。自分はこの時録音したカセットテープが今もあったりしてw

当時このライブをラジオで聴いた自分の感想は凄腕ミュージシャン揃いという謳い文句の割に大した事ないじゃんと
生意気なことを思いました。その後のTOTOのライブ物を見れば分かりますがこの時のライブはかなり問題有りです。
まずはヴォーカルの声が出ていない、そしてバンドのアンサンブルもかなり怪しい。直前にお蔵入りになったのも
ある意味納得って印象を持っています。

自分はこのライブ音源より新、未発表曲収録の"Old Is New"に興味がありました。しかしこの一枚の為にボックス
購入はさすがに躊躇せざるを得ませんでした。全アルバムリマスターも確かに魅力だったのですがオリジナルアルバム
は全部揃えちゃった直後だったこともあり、中古での購入も考えましたが見送りにしてきました。

それが"Old Is New"だけ5月に単品でリリースされた事を先日知って即ポチっと購入してしまいました。このアルバムは
オリジナルアルバムとカウントしているサイトもあってそうなると2015年の"TOTO XIV"以来のアルバムとなります。
デビュー40週年のベスト盤"40 Trips Around the Sun"に収録された3曲も併せて全10曲収録になっています。

かなり変則なアルバムでTOTO現メンバーによる純粋な新曲は4曲中3曲はベスト盤でリリース済み、他の5曲では
生前のJeff PorcaroやMike Porcaroが残した演奏を現在のメンバーが完成させた曲になります。かなり古い音源らしく
1980年代のセッションが元になっているようです。シングルカットもされ最新ライブではオープニングに使われた
"Devil's Tower"ではJeffのドラムですがベースはMikeでは無く元メンバーのDavid Hungateが弾いていたりします。

純粋なニューアルバムとは言えないと思います。既にベスト盤でリリース済みがあったり過去の音源を新たな手を
加えて完成させた曲や10曲目には2018年にWhat So Notとコラボした既発曲"We'll Keep On Running"を収録したりと
オリジナルアルバムとが言い難い形のアルバムだとは思います。

それでもファンとしてはこの"Old Is New"と言うアルバムは凄く興味を惹きました。Jeff,Mike Pocaro兄弟の音を
聞ける最後の新曲となるのではと思ったりしたので。楽曲の年代がバラバラだったこともありアルバム通して聞いた
印象は統一感は薄いですがTOTOしての音楽は変わらず聞けました。

ボックスを購入しないと聞く事が出来ないアルバムに曲か~と諦めていましたが、単品としてリリースされたって
事はファンからの需要、要望が多かった証拠なんでしょう。自分も購入出来て嬉しいのでこういったファン向けの
対応は大歓迎ですね。

最後に注意点と言うかこのディスクに関して気になった事を。このアルバムはボックスに追加された物と同内容なの
ですが私が購入したCDだと音圧かかなり低くなっています。最近購入するどのCDより音圧が低めになっていて他の
CDを聞いた後だとボリュームを上げないと気になるぐらいです。ボックスに収められたCDの音圧と比べる事が出来
ませんので分かりませんが。もしも購入する方はこの点を考慮された方が良いと思います。

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

jacktera

Author:jacktera
適当ブログにようこそ!!!!!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (203)
JOURNEY (39)
The Monkees (23)
The Beatles (23)
Paul McCartney (38)
John Lennon (7)
BOSTON (6)
ASIA (15)
Chicago (14)
Styx (14)
TOTO (11)
Bon Jovi (8)
SOUNDTRACK (3)
その他 (30)
音楽以外 (2)
未分類 (0)

カウンター

検索フォーム

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん