産業ロック万歳ブログ

基本洋楽と個人的な趣味と日記を綴るブログ

Revolution Saints "Light In The Dark"

Revolution Saints-2nd
待望の2ndアルバムを購入してきました。1stアルバムを取りあげた時はかなり辛口な感想を書きましたが
海外盤より先行発売されていた日本国内盤を買って来ました。自分でも自覚が無いままRevolution Saints
に期待していたんですね。私が購入したのは通常盤でボーナストラック1曲のみ追加されたCDで、デラックス
だとライブ音源ボーナストラックが収録、PVやライブ音源が追加されたDVDも付きます。

2年半振りの新作となる今作ですがDeen Castronovoの例の事件で新作はおろかバンド自体も自然消滅かと
思っていたんですけど、思いのほか早い活動再開だった思うのは私だけかな?Deen以外の2人も別に活動
していましたしね、良く3人のスケジュールが合ったもんだと思います。

前作の1stアルバムは評判良くてセールス的に好成績だったんでしょうね。好評だったからこその2ndアルバム
の制作に繋がったのは間違いないですよね。前作はDeen CastronovoがJourney在籍時だった事もあって
Neal SchonにArnel Pinedaも参加していました。しかし脱退、というか解雇されちゃいましたからね当然の
ようにJourneyからは誰も参加していません。今作は3人と前作のプロデューサー兼楽曲提供者のAlessandro
Del Vecchioの4名だけの制作だったみたいです。

ソングライティングはAlessandro Del VecchioとDeen Castronovoの2人がメインでDoug Aldrichが数曲で
参加しJack Bladesは1曲のみ連名の最後尾に名前がちょっと見えるだけでした。Jack BladesはNight Ranger
との掛け持ちで忙しく曲作りまでは無理だったんでしょうね。先日Night Rangerとして来日公演までやって
いたし、今後の活動もJack Blades次第になるのかな。

さてアルバムの感想ですが私は1stアルバムより今回の2ndほうが好みですね。1stも相当聞き込みましたけど
前作はバンドと言うよりプロジェクト色が強い印象だったし実際楽曲がほぼ提供された曲群でしたしから
惜しいなって感想でしたね。その点今作はAlessandro Del Vecchio主導とは言えDeen Castronovがカバー
1曲以外の全曲にクレジットされているので統一感もある印象だしバンドらしく聞けました。

気に入ったはリード曲の1曲目"Light In The Dark"ではなくて"Running On The Edge"ですね。分かりやすい
キャッチーな曲で私はこの手の曲だとはまるんですよね。この他に唯一のカバー曲"I Wouldn't Change A
Thing"Mr.MisterのRichard Pageの曲でRichard Pageのソロはアコースティックギターを使った静かな曲
ですがこちらはしっかりバンドの音になっていてDeenのヴォーカルでも良い感じでした。

やはり私は1stアルバムより今回の新作の方が好みにあっている印象を持っています。でも雑誌の評価だと
1st推しで今作評価落とされてるんですよね。ネットの評価も同様に前作の方が良いってレビューも見ました。
人の評価はそれぞれだからあまり気にかけませんから自分が気に入ればそれで良いと思っております。

ライブ動画はネット見ましたけど一部の曲ではドラムを他の人に任せてマイク握って歌ってたりしたので
今後もしライブツアーとかしたらドラマーを雇うのかな?2枚もアルバム出したし元いたバンドの曲もセット
リストに加えたらかなりライブとして楽しめそうですよね。日本でも人気あるはずだから来日もあるかな
本家のJourneyを見たことなくRevolution SaintsのライブでJourneyの曲聞いちゃったら微妙だろうな~
でもちょっと楽しみかも^^
スポンサーサイト

そんな馬鹿なぁ~~(Brian Setzer リイシュー中古輸入CD)

Brian Setzer-1st&2nd
以前から買い直そうと思いながら買わないままできたCDを今回購入して衝撃の事実にぶち当たった事を書き
ます。それがBrian Setzerのソロ1作目と2作目が1枚のCDに収録してリイシュー盤としてリリースされた物
なんです。

ソロ1stは以前このブログでも取りあげていて当時はレコードで聞き、その後CDを購入していました。ただ
そのCDは古くてリイシュー盤を購入を考えていました。2ndソロアルバムもレコードは購入したんですが
CDは未購入のままでいずれ再発盤を購入しなければとおもっていました。そんな中リイシューをよく手掛ける
今はもう無いEMI参加の会社からリリースされたCDが今回の問題になる物なのです。

1st、2nd共に欲しかったのでこの会社からリリースされたリイシュー盤は1st、2ndが1枚のCDに収められた
CDなんです。購入を検討し続けているうちに売り切れてしまい、どうやら廃盤になったらしくレア物扱いに
なって中古でも高値がついちゃって手が出せない状態でした。長く手を出さずに居たら日本国内盤が再発
されていて、こちらを購入しようかと思っていたらお手頃価格の中古を見つけたのです。

2ndの国内盤1枚の価格とそれ程変わらないので、どうせなら2枚分で1枚の金額ならば中古でも良いから
そちらを購入する事にしたのでした。それが先日手元に届き喜々としてCDを再生しながらジャケットやら
アルバムクレジットに曲名を見ていたら!「?!?!?!あれ1曲たりなくないか?」2ndアルバムの
最後の12曲目の・・・・・エエエエエ!!!!1曲入って無いぞ!!!!

そうです2枚分のアルバムを無理くりに1枚のCDに収めた為にCDの収録時間の限界を越えた、とんでもない
理由で元のアルバムのラスト曲を収録してないのです!「ありえない」と言う思いが真っ先に浮かびましたが
もしかしてレコードではボーナストラック扱いだったのか?等と冷静になり手持ちのレコードを確認
しかし12曲目がボーナストラックであった等との表記は当然なし。

もしかして再発時にこの曲は外れたのか?と思って日本、海外盤共に調べましたが1枚で再発されて
いるCDには当然のように収録されているのです。私が今回購入したリイシュー2枚分のCD盤だけが1曲
削られているのです。こんな事ってあるんでしょうかね?2枚のアルバムを収録したCDとして売りながら
欠損アルバムをリリースするなんて…

1曲外した理由は記載ありませんでした。ただ「オリジナルに収録されていたこの曲は含まれません」的な
英文1行があるだけなんです。そんな馬鹿な話があるか!って事ですよね、もう唖然呆然ですよ私は。
1曲削って再発なんて聞いたこと無い、てか絶対にやっちゃダメな事でしょうこれは。事前にもっと調べれば
確かに知る事は出来んでしょうけど…それはないだろうとトホホ

長く愚痴を書きましたけど、この2枚のアルバム自体長く揃えたいと思っていたので入手して今は繰り返し
聞いています。Brian Setzerは来年1月に来日公演があります、私は行きませんけどね。Brian Setzerは
好きなんだけどBrian Setzer Orchestraとしてはイマイチ好みじゃ無いんですよ。これまでのBrian Setzer
の音楽的趣向を考えればビッグバンドは自然な成り行きだとは思いますけど。

個人的にはソロ1stアルバムが一番好きです、2ndは悪く無いけど少し好みから外れつつあった印象でした。
それでも気に入った曲が多数あったりして良く聞いていました。それがね今回の収録無しになった1曲
だったりするんですよね。これまで数多く痛い目に遭って来ていますけど、今回ほど落胆したCD購入は
ありませんでした。今回外された1曲はBrian Setzerの80年代に焦点を当てたCDを持っているのでそちら
から目当ての1曲取り込んで今回のCD分と合わせてアルバムとして聞けていますけどね。

結局2ndアルバムは再発盤を購入する事になる気がします。まさかこんな形で同じアルバムを重複購入
する事になろうとはね。今後は曲数も確認して購入しろって事なんでしょうかね~再発でボーナストラック
が増えた経験はあれども減ることもあるという事実を知った一件でありましたo(T(エ)To)

カセットテープ版のアルバム

cassette tape
以前当ブログで未使用カセットテープの事を書きましたが、その続きというか今回はテープ版のアルバムを
取りあげようと思います。以前の書いた未使用のテープは今も捨てず、使用せずあのままの状態で所持し
続けていますけどね。画像にあるようにレコード会社が発売したカセットテープで全て輸入盤と言うか
米国製のカセットテープになります。これらの他にシングルカセットテープも複数ありますけどそれは
今回省いてアルバムとしてのテープに絞りたいと思います。

これら以外にも持っていたはずなんですけど行方不明になったか誰かに譲渡したのか記憶が定かではあり
ません。簡単に探せるテープだけを掘り出してきて並べ撮影した具合であります。一時期完全に廃れ過去の
遺物扱いされたカセットテープですが最近は多少見直されて日本、海外共にカセットテープをリリースする
アーティストも出ているらしいです。

だからと言って私が今更テープを購入する事なんて無く、またカセットテープデッキは今もあるし稼働し
ますけど機器を使用して聞く事は何年もしてません。一部のテープには貴重な音源が録音されている
物があるので保存目的で取り込みデジタル化の為の再生をするのでしょうけど。ってか何年も前から分かり
つつ作業が面倒で放置したまんまですけが。

さて画像のテープですがほぼ1990年前後に購入した物で当時は既にCDが普及していたにも関わらずテープを
購入したわけは米国滞在時にCDを聞ける環境に無かったからでした。音楽を聞くとなるとまずはテープ式の
ウォークマンでこれはそのまま再生出来たのが一つの理由です。他に理由として車のカーステレオでも
テープが再生出来たのでそんな理由から少しだけテープアルバムを購入したのでした。

これ以降はCDデッキもを入手しましたので自然の成り行きでテープを購入しなくなりました。帰国後の
我が家には勿論CDデッキがあるので日本では当然CDのみ購入となりました。それでも1990年代前半でした
からCDをレンタルしてカセットテープに録音し聞く事はしばらく続けました。録音したテープは聞いて
いたんですけど、購入したアルバムのテープって聞かなくなってましたね。

この画像のテープはその後何枚かはCDで買い直していますけど数本はCDでも入手困難なテープもあって
処分する事も出来ない状態です。ちなみに買い直したいのはシンプソンズじゃないですよ(爆)
にしても今見てみるとなんで買ったんだろうかと思う物があって当時も今も聞こうと思わない物が
含まれております。

今回何故テープを取りあげたかと言うとそろそろ断捨離と言うか(てか断捨離言葉嫌いなんだよな)
まぁ自分がいい年のオッサンになったので必要のない物を整理しようかと思ってきたわけであります。
CDや本等はなかなか思い切れないけれども、何十年も前のレンタル録音テープは今更聞く事もデジタル化
なんて事も考えられないのでこの際整理し処分出来る物はしようとかと思い立ったのです。

このテープは正直今後聞くこと無いと思うしCDを買い直したりしてる物も含んでいるので処分する事が
妥当なんだとは思うけれども、実際捨てる決意が出来るかは全くもって分かりません。結局は収集し
保持することで安心し満足する性格なんだと分かってはいましたけど改めて実感です。

テープ繋がりだとビデオテープもあるんだよな…TV録画が一番本数多いけどPVやライブ版のビデオテープ
も数があるんですよね。DVDやBDの再発をイマイチ購入したいと思わなかったり再発してない物もあるん
ですよね。他にもβのテープも未だに持ってたりもします。さ~本当に整理できるのか俺!?

あの頃 Duran Duran は分割?分裂?

Arcadia
来日中であったDuran Duran当然の如く公演には参戦してない私ですが、Duran Duranに関係する物を取りあげ
たいと思います。それがArcadiaでDuran Duranが休止時に結成されたバンドで同時期に結成され活動をした
The Power Stationに対抗するように出来た印象を持ちました。

ArcadiaのメンバーはSimon Le Bon、Nick Rhodes、Roger Taylorの3人、The Power Stationが先行し活動して
ヒットを飛ばしている頃に残ったDuran Duranのメンバーでアルバムを作りリリースすると聞いた時はもう
Duran Duranは解散なんだなと思ったものでした。

先行したThe Power Stationの方が万人受けしてヒットして後発のArcadiaは1stシングル"Goodbye Is Forever"
こそヒットしたけど全体的にはThe Power Station方が圧倒したと言う印象です。しかしThe Power Station
にも問題があってヒットをしたからこそライブツアーを望まれるもののヴォーカルのRobert Palmerが不参加に
なり勢いを失いそのまま消滅しDuran Duran復活へとなったのでしょう。

当時の私はどちらのバンドにもそれ程興味が持てませんでした。Duran Duran自体は好きで良く聞いていたの
ですが分裂した彼等に興味をイマイチ持てなくてThe Power StationのシングルヒットしたPVを見ても購入
したりレンタルすらもしませんした。あまりにもDuran Duranのイメージからかけ離れていて受け入れられ
無かったんですよね。

その点Arcadiaのシングル"Goodbye Is Forever"はDuran Duranのイメージを損なう事がなくすんなり受け入れ
られてシングルEPを購入して聞きました。この乗りならばとアルバムをレンタルでしたが聞いたんですけど
期待し思っていた印象と違い程なく聞くこと無いアルバムになってしまいました。今になって両バンドを
聞き比べると非常に興味深い内容と思えるのですが当時はいかせん子供で気に入るか気に入らないかだけの
判断基準でしたのでアルバム内容や背景なんぞは想像すらしませんでした。

このArcadiaのアルバム"So Red The Rose"は1曲目的で当時気に入った"Goodbye Is Forever"欲しさに購入
するのですが長く廃盤で私が購入した時はネット通販でアルゼンチン盤という摩訶不思議な輸入盤を購入
したのです。ただ残念なのがそのすぐ後にリイシューされてボーナストラックが含まれて再発、どうせなら
リイシューまで待っていればと今更ながらの愚痴です。

The Power StationとArcadiaはそれぞれのメンバーの趣向が色濃くでた内容でメンバーの音楽的ルーツを
感じる内容ですね。このルーツを持ったメンバーが結集し紡ぎ出した音楽がDuran Duranだったんだなと
今更ながらに感心したのが最近の事でした。

そして今年Duran Duranは来日していましたね。お昼NHKの番組にも出演したとか。最新作の"Paper Gods"
を何十年ぶりにアルバムとして購入し聞きましたがAndy Taylorだけは脱退したまんまみたいですけど。
Nile Rodgersが参加したりしていて聞き慣れたDuran Duranらしい曲もありながらMark Ronsonなんかも
起用したりして長いキャリアでも新しいことにチャレンジしてるみたいです。

今回改めてArcadiaを聞き直したけどあんま好みじゃないな~やっぱりDuran Duranを聞いてる方が良いなと
しかも1980年代のDuran Duranが一番好きだなと思った次第であります(`・ω・´ゞ)ビシッ!

Bette Midler って良いかもよ

Bette Midler
何となく取り出してベスト盤を聞いていました。それがBette Midlerでファンって程でも無いし良くも知らない
Bette Midlerは歌手であり女優でもあって、聞く切っ掛けは主演映画の『Beaches』を鑑賞しこの映画のテーマ
ソング"Wind Beneath My Wings"でBette Midlerにとっても最大のヒット曲で知った感じですね。

"Wind Beneath My Wings"はBette Midlerがオリジナルだと思っていましたが1983年にカントリー歌手のGary
Morrisが歌ったのがオリジナルとかなり後になって知りました。今回オリジナルのバージョン初めて聞いて
見ましたけど、聞き慣れないのでBette Midlerバージョンの方が良いなと思ってしまいました。

この曲はBette Midlerにとって最大のヒット曲で1990年のグラミー賞でRecord of the YearとSong of the Year
のダブル受賞しています。この時の授賞式のTV放送見た記憶があるんですよね、当時それ程気にもしていない
ヒット曲程度の認識で賞を獲得したからといって聞きたいとか思わなかったんですよね。

その後"Wind Beneath My Wings"を聞く事になった訳は映画『Beaches』をビデオで見た事で一緒に見た人の
影響からサントラが欲しいと言われて購入したことが切っ掛けで良く聞くことになったのでした。購入したのが
カセットテープでその後サントラはあげてしまい、長く聞くことが無かったのですが中古CDを見かけ購入して
聞き直す事にしました。

これ以外には1993年リリースのベスト盤"Experience the Divine: Greatest Hits"を購入しています。1972年の
デビューアルバムからも選曲されているので一様オールタイムベストなんでしょう。ヒット曲の"The Roes"や
ビートルズのカバー"In My Life"に"From a Distance"何かも欲しくてのCD購入でした。購入したは良いけど
あまり聞く事も無かったんですけどね。

今回サントラの『Beaches』と共にベスト盤も聞いています。程よいBGMって感じですね。ポップソングが基本
ですけど、ミュージカルっぽい曲やジャズっぽい曲もあったり、しっとりと聞かせるバラードには部屋で
くつろぎながら聞いていると良い感じです。

今年70歳にもなるBette Midlerですが活発に活動してるみたいで今年トニー賞のBest Performance by a Leading
Actress in a Musicalを獲得したとか、ミュージカルやブロードウェイに疎いのでどれだけ凄い事なのかピンと
来てませんが70歳での受賞は快挙なんでしょうね。

今回Bette Midlerを少し聞いていて他も少し聞きたくなったので他にもベスト盤も出てるから中古で探してみるか
なんて思っています。本当に探して買うかは分かりませんけどね~こればっかりは思いつきと勢いなので、
それでも今回聞き直して見て良かったと思ってますよ^^

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

jacktera

Author:jacktera
適当ブログにようこそ!!!!!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (143)
JOURNEY (26)
The Monkees (13)
The Beatles (13)
Paul McCartney (26)
John Lennon (5)
BOSTON (5)
ASIA (10)
Chicago (8)
Styx (9)
SOUNDTRACK (3)
その他 (12)
音楽以外 (1)
未分類 (1)

カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん