産業ロック万歳ブログ

基本洋楽と個人的な趣味と日記を綴るブログ

Paul McCartney Archive Collection 続き"Pipes Of Peace"

Paul-pipes
前回に続きPaul McCartney Archive Collection"Tug Of War"と同時にリリースされた
"Pipes Of Peace"です。このアルバムも2CD盤を購入しております。こちらもスパー
デラックス仕様のCD2枚+DVDの3枚ディスクで発売されています。TVのニュース等で
一部放送されたMichale JacksonがPaul宅を訪れた際のオフショット映像が収録もされ
他にもPV等も収められているようです。

"Pipes Of Peace"も前作同様にプロデューサーにGeorge Martinが務め2枚組構想らしく
アルバム全般の印象は"Tug Of War"と変化はあまりありません。前作に豪華アーティスト
の参加があってバラエティーに富んだ内容に比べ"Pipes Of Peace"はPaul自体の
特色が強く出ています。ソフト路線とでも言いましょうかとても聞きやすく"Tug Of
War"と合わせて80年代Paulの代表作と言って良いでしょう。

1983年にリリースされ先行1stシングルであったMichael Jacksonとのデュエット
"Say Say Say"が爆発的にヒットした割にアルバムセールスは伸び悩み世間的に
評価が低いのが今作となります。確かに私も"Tug Of War"を比べると下に見がちな
評価をしますが、それでも当時も今も良く聞くアルバムなのです。連作イメージで
あったり参加者が減ったりした分イメージで損をしてる印象ですね。

各楽曲は小粒感が否めませんがMichael Jacksonとのデュエット曲は"The Man"の
方が好きなぐらいです。この曲はシングル化も予定されていましたが何故か中止に
なったようでリリースされていれば間違いなくヒットしてたでしょうに、それ程
ヒット可能性大の曲があまり知られてないのが残念ですね。

"Pipes Of Peace"はこれまでのシリーズ同様にRemasterのみです。Remixは行われて
いません。これは93年時のRemaster CDを持っていますので聞き比べをしている最中で
低かった音圧は上がり過ぎることもなく、音質は全般的にクリアーになって満足の
出来です。ボーナス・オーディオにはデモ音源5曲に未発表1曲、シングルB面1曲
既発1曲そして"Say Say Say 2015 Remix"の9曲収録です。

目玉は"Say Say Say 2015 Remix"になるのでしょうね。ヴォーカル部分が変わって
いて当時ボツになったPaul、Michaelのヴォーカルを一部差し替えて新たなRemixが
施されていてアルバム収録バージョンとはかなり変わった印象を与えています。
聞くまでは楽しみにしていましたが、所詮ボツはボツな訳でわたし的には期待
外れでした^^;

今後も続くと思われるArchive Collectionですが良く封入されていた次の予定
作品が載っている紙のカードが私が購入したCD2枚どちらにも入っていませんでした。
ただネット情報だと次回は1989年にリリースされてワールドツアーを再開しその後も
ライブしまくりのきっかけにもなった"Flowers in the Dirt"だとのこと。しかし
年代順がバラバラで次は"Wild Life"と" Red Rose Speedway "だと思ってたんです
けどね~来年の公式発表まで待つしかないのでしょう
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jacktera.blog.fc2.com/tb.php/166-be061b26

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

jacktera

Author:jacktera
適当ブログにようこそ!!!!!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (146)
JOURNEY (26)
The Monkees (13)
The Beatles (14)
Paul McCartney (26)
John Lennon (5)
BOSTON (5)
ASIA (10)
Chicago (8)
Styx (9)
SOUNDTRACK (3)
その他 (12)
音楽以外 (1)
未分類 (1)

カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん