産業ロック万歳ブログ

基本洋楽と個人的な趣味と日記を綴るブログ

The Monkees "Good Times!"国内盤到着

最近同じアルバムばかり取りあげてるブログになってる気がするな…しかし嬉しいので
書いちゃいます^0^
Monkees-Good Times
The Monkeesのデビュー50周年記念、そして20年振りの新作である"Good Times!"が
6月22日に日本でも発売されました。手元には1日遅れましたけど無事到着して以来
聞きまくってます。配信盤も聞いてましたけどCDとしての物があるだけで私は嬉しい
のです。

お店で輸入盤が並んでいましたが我慢したかいがあって海外盤通常13曲のところ
日本独自のボーナストラックが1曲収録されていて計14曲聞けました。ただ今作
配信だとまた違ったボーナストラックが収録されていたり独占販売出来るストアー
等でも別の曲がボーナストラックが収録されていて全てのボーナストラックを
集めるのは至難の業になってる点が不満ですね。

感想は配信盤を聞いた際に書いたブログがありますから省きつつ国内盤の特徴と
言うか良さみたいな点を書きたいと思います。前回の"Pure McCartney"が中国製
で大方不満は無いのですがブックレット仕様になっていてこの本の部分で何度も
開いて読んだり見てるとやはり雑な製本のように感じます。

なぜなら見開いていると接着面がゆるんでいるように感じて糊面がいずれバラバラに
なってしまうのでは?と思え過度に見るの止めようなんて感じた程です。ディスク
事態はPCに取り込んでウォークマン等で聞いてますので問題は無さそうですが
将来的に不安を感じざるを得ませんでした。

輸入盤と国内盤値段の差額も相変わらずですね。"Good Times!"は輸入盤だと
ほぼ何処で購入しても1500円(税抜き)前後で国内盤2200円(税抜き)となっていて
差額が700円程度、このぐらいなら日本製の安心感や丁寧な製品作りも良いかと
思えます。国内盤は解説、歌詞翻訳が記された別冊子が付くのが特徴ですよね。
これはこれでファンとしては嬉しいものです。帯も国内盤の独自の物で相当昔から
付いてるのが当たり前でレコード時代から帯は付いていました。

大分アルバムとの関係無いことをグダグダと書きましたが、このアルバムだけは
国内盤を購入して良かったと思っています。何と言ってもMonkeesのアルバムが国内盤
として発売される事が珍しいので、それだけで嬉しいというファン心理なのです。
Monkees2016
最後はブックレットのメンバーの写真を貼ります。故人のDavy Jonesだけ20代の
写真が使われています。唯一の収録曲が1960年代の曲と声であったから何でしょうけど
何か違和感がありますな、どうせなら最後に4人集まった時の写真とかで良いと
思うんだけどな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jacktera.blog.fc2.com/tb.php/205-72b88188

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

jacktera

Author:jacktera
適当ブログにようこそ!!!!!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (146)
JOURNEY (26)
The Monkees (13)
The Beatles (14)
Paul McCartney (26)
John Lennon (5)
BOSTON (5)
ASIA (10)
Chicago (8)
Styx (9)
SOUNDTRACK (3)
その他 (12)
音楽以外 (1)
未分類 (1)

カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん