産業ロック万歳ブログ

基本洋楽と個人的な趣味と日記を綴るブログ

Def Leppard "Hysteria" 30周年

Def Leppard- Hysteria30th
Def Leppardの名盤"Hysteria"のリリース30周年を記念してリイシューされて8月に再発にされました。
これまでにも何度かリイシューされ、アルバム全曲プレイしたライブ盤もリリースされてきていましたが
今回は当時のシングルB面だったりエディット違いやミックス違いにライブ音源を含んだりした最大7枚組
のボックス仕様がリリースされました。

ライブ音源、エディット違いにB面曲には興味は持てなかったので見送るつもりでした。しかし手持ちの
CDは1988年に購入したピクチャーディスク仕様なる物で今回のリイシューではオリジナルアルバムのリマスター
されると知りこの際買い直すかと決めてCD1枚仕様の30周年記念盤を購入して来ました。

7枚組のスーパーデラックスは論外としてもCD3枚組仕様も売っていましたがディスク2、3はライブ音源のみ
収録だったようでこの仕様もパスしました。Def Leppardのファンを自認していますが彼等のライブって
イマイチなんですよね。アルバム"Hysteria"は究極の多重録音だと思っていてこれをライブで再現する事は
ほぼ不可能でどうしても再現度が低くライブ盤にしてしまうと物足りなさが浮き彫りになり自分としては
好んでライブ盤と聞きたいとは思わないのです。

2011年リリースされたライブ盤"Mirror Ball"を購入して聞きましたけど一部楽曲ではアルバム音源自体を
流しうまく実際の演奏と合わせていましたね。サポートを入れて補うのではなく、5人の演奏に拘りつつも
再現不可能な場合はアルバム音源を使うって手法になったのかと。技術的進歩が凄いなと感心しましたよ。
ただね、最高だとは言えないのが私の本音かな。

と言いつつDef Leppardのライブには何度か参戦していますけどね。大好きだからファンであったらライブ
で見たい聞きたいと思うのでした。最初に見たDef Leppardは"Hysteria"に伴うツアーで代々木第一体育館
でこの時の印象も演奏自体に物足りなさを感じましたが、何より今は亡きSteve Clarkの格好良さにやられ
ちゃいました。独特のストラップを長めにしギターを下の位置で弾くSteve Clarkがもう~格好良く見えて
ライブ中Steveをずっと目で追っていたぐらいでしたね。

そう言えばSteve Clarkもクルクル回っていたな、Phil Collenとの比較は無意味ではありますが決して
凄いテクがあるわけでもなく早引きがとてつもない何てことも無い。明らかにいわゆるギターリストとしては
Phil Collenに劣るのかもしれなかったけど、あの時の私は完全にSteve Clarkに魅了されました。それまでの
私はギターの早引きや一般的に凄いと言われるギターリストが好きでしたがこの時に考えが変わるほどの
印象をSteve Clarkから受けたのでした。

その後Steve Clarkの死は衝撃以外の何物でもありませんでしたね。Steveが亡くなったからと言ってファン
を止めたり、以後の音楽を聞かなくなったなりませんでしたが。今になってこれまでSteve亡きあとの
アルバムと今回購入した"Hysteria"を聞いて思うのはやはりにSteve Clarkの不在は大きいかったんだな
と30年経った今しみじみ感じています。

話題を変えて購入したのがオリジナルアルバム1枚仕様で今回リマスターされたので期待していました。
しかしほぼ変化無し…音圧は当然上がって聞く際に音のボリュームを上げる必要はなくなりましたけど
旧CDと比較して聞いても私の耳では変化は全く感じませんでしたね。音圧を上げるリマスターで作業が
適当だとバランスを崩したりしますが、そんなミスもあるわけも無し私の感じた聞いた印象ではこれまで
聞いて来た"Hysteria"まんまでした。

昨年のリリースされた"Def Leppard"は個人的に消化不良的な感想でした。もうベテラン中のベテランな
訳で30年前の大傑作と比較するのは無理がありますけど。もう一度Mutt Langeと組まないかな~と思って
しまいますね。30年前の再現なんて望んで無いけど今のDef Leppardとのコラボが聞いてみたい気がします。
ファンって欲深いっすね~^^;
スポンサーサイト

コメント

そうだ! そうだ!

マット ランジは奥さんのカントリー歌手と別れたんだから、久しぶりにハードロックバンドのプロデュースをして欲しいなぁ〜。
改めて『ヒステリア』は、凄い!と思います。なんど聴いても飽きないところが何より凄い!

最近の

Mutt LangeはNickelbackやMuseなんかプロデュースしてますよね。どっちのプロデュースアルバムも
聞きましたけどが凄いのはどちらもヒットさせてる事ですな。

Mutt Langeってランジ?ラング?

彼のプロデュース力が落ちてないことを祈ります・・・。
あんなに名盤沢山作ったんだから、期待しちゃいますからね~。
ってシャナイアとの離婚ショックから立ち直ってればですがね。

聴く側も年取ってくると、夢よもう一度になっちゃいますね( ^ω^)・・・

らんじ だったかな~

発音だと"ジ"になるのかな~?人に寄って読み方変わってた気がするな。もう68歳らしいですから
再度コラボするなら早い方が良いぞ~とleppsメンバーに伝えなければ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jacktera.blog.fc2.com/tb.php/268-7d9c29ee

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

jacktera

Author:jacktera
適当ブログにようこそ!!!!!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (146)
JOURNEY (26)
The Monkees (13)
The Beatles (14)
Paul McCartney (26)
John Lennon (5)
BOSTON (5)
ASIA (10)
Chicago (8)
Styx (9)
SOUNDTRACK (3)
その他 (12)
音楽以外 (1)
未分類 (1)

カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん